« マンドリンの弦の張り方~弦の端をどう処置するのか | トップページ | マンドリンの弦の張り方-弦を張ったあと、どう処置するのか »

2010年7月20日 (火)

マンドリンの弦の張り方~糸巻きにどの程度巻きつけるのか

■糸巻きにどの程度巻きつけるのがよいのか

高校の頃は、巻けるだけ巻いてました。
大学に入り、1回程度巻く方式を指導いただき、現在もほぼそれに至ります。

・糸巻きの穴を通した弦を手前に折り返して、元の弦の下をくぐらせるだけ。
 絵で書かないと、わかんないですよね?

・ただ、1回程度にする本当の理由がわかりません。
 「巻けるだけ巻くと、糸巻きに負担がかかるから」とは女性の先輩の説明でしたが、ほんと?
 いまだ納得できてません。
 「短時間で張れるから」あたりが実態じゃないんでしょうか?

|

« マンドリンの弦の張り方~弦の端をどう処置するのか | トップページ | マンドリンの弦の張り方-弦を張ったあと、どう処置するのか »

コメント

どうも初めまして私、東海地方でマンドリンをしているものです。

私が学生時代に教わった時は2~3回くらいは糸巻きの周りをぐるぐるとさせようと教わりました。

私の体感的には1回も2回も音質や調弦のずれなどはほぼ変わらない気がします。

私も1回程度巻いたくらいの方が張るのが短時間で出来るからいいんだと思います。
もしかしたら1回どころか半回転くらいでも巻けていれば変わらないのかもしれません。

バイオリンやギターなんかも巻けるだけ巻くはずですし・・・
糸巻きに負担がかかるからは・・・明らかに嘘だと思います。
たぶん短時間でできるしたくさん巻いたら疲れるので短く切ろうってことなんだと思います。

投稿: へっぽこくん | 2010年7月20日 (火) 01時53分

僕も1,2回巻く程度にしています。理由は皆さんと同じで、弦を替える時間が少なくてすむので左手(指)が疲れない、弦を外す時も直ぐに外せるという理由からです。一連のコラム、普段何気なくやっている人も多いと思うので、細かく掘り下げていくと色んな事や考え方が浮き彫りになってきて面白いですね。ストリングワインダーとか使ってる人はいるんでしょうか?この方法だとそんな物も無用の長物になってしまいますよね(^.^)

投稿: mandoboy | 2010年7月20日 (火) 10時42分

へっぽこくんさん、

はじめまして。

>>糸巻きに負担がかかるからは・・・明らかに嘘だと思います。
たぶん

はい。
真偽のほどは楽器製作家さんとか、詳しい方にお任せするとして、私もその後、同様の話は聞いたことがありません。

投稿: まるよし | 2010年7月20日 (火) 16時16分

mandoboyさん、

>>一連のコラム、普段何気なくやっている人も多いと思うので、細かく掘り下げていくと色んな事や考え方が浮き彫りになってきて面白いですね。

そう言っていただくと、ちょっと嬉しいですね。
今回、アカデミックなアプローチはあまりやってませんので、単なる情報交換以上のものではないですが、それでも色々反応いただけて、面白いです。

ところでこのシリーズ、まだもう少し続くのです。。。

投稿: まるよし | 2010年7月20日 (火) 16時19分

最近友人にこのブログを紹介してもらい、初めてコメントします。
社会人でマンドリンを弾いてる者です。

僕が学生時代に教わったのは、ナットから遠い巻き付け部ほど巻く回数を多くして、弦がより下から出るようにした方が良いという事でした。
そうしないと、ナットでの弦の曲がり角度が浅くなり、同じコースの2弦でも微妙にテンションが変わってしまうからだとか。

これも本当かどうかよく分かりませんが、僕は今でもこの方法で弦を巻いてます。

投稿: 匿名 | 2010年7月21日 (水) 00時22分

匿名さん、

はじめまして。
ひょんなことからこのテーマが始まりましたが、少し面白いでしょ?

>>僕が学生時代に教わったのは、ナットから遠い巻き付け部ほど巻く回数を多くして、弦がより下から出るようにした方が良いという事でした。

これは初めて伺いました。
こういうノウハウとの出会いを、楽しみにしておりました。
次の機会にでも、試してみましょう。

ただ、弦の上下をきちんと考えないと張った後に弦同士がこすれあったり、上の弦が邪魔をして下の弦が張り替えられなかったり、ということがあるかもしれませんね。

投稿: まるよし | 2010年7月21日 (水) 00時35分

はじめまして。

このテーマはよく話題になり、いろいろな考え方があるようですね。以前日本マンドリン連盟の会報(関東版)に弦の巻き方に関する投稿がありましたが(なるべく巻き数を少なくする)、妙に説得力がありました。

投稿: ドロ沼 | 2010年8月 9日 (月) 23時23分

ドロ沼さん、

はじめまして。すごいハンドル名ですね。

このテーマは皆様それぞれに経験や方法論や考え方などをお持ちかと思います。
ここに述べたのも、私の知る限られた範囲のもので、不足や誤りもあるかも知れません。

そういった投稿の参考になる部分が、いつか、うまく皆で共有できればいいですねぇ。

投稿: まるよし | 2010年8月11日 (水) 08時32分

初めまして。東海にて社会人団体で活動している者です。
一回でもだめ、ぐるぐる巻もだめ、と先輩だったか、マンドリン屋さんだったかうる覚えですが教えていただいた気がします。
個人的には巻く回数が多過ぎると、弦が伸びきるまでに時間がかかり、(調弦がずれやすいしかし音のハリは長持ちしそう)短いと早く伸びきる(逆に調弦がズレにくく、すぐに音のハリは失われる)イメージです。本当に定かではないですが(笑)
なので2回(場所によっては3回)巻いてます。巻く際も、糸巻きの部分の弦はぴったりくっつけてこれ以上の緩みが出ないように、美しく・・・!と頑張ろうとします・・・頑張ろうと・・・。
結局裏付けがないので、私の美徳というか、こだわり?になっている気もします。
しかし、みなさんの意見を聞くことってこんなにワクワクするのかと思いました。

投稿: はちこ | 2015年4月14日 (火) 16時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マンドリンの弦の張り方~弦の端をどう処置するのか | トップページ | マンドリンの弦の張り方-弦を張ったあと、どう処置するのか »