« ブログの90,000アクセス、ありがとうございます | トップページ | 昨日は、京教大と大阪市大のジョイント練習を見させていただきました。 »

2010年4月27日 (火)

京マン聴きに行ってきました。指揮者は「経験」なのか、考えさせられる日でもありました。

日曜日の夕方、全日本マンドリン連盟京都ブロックの合同演奏会を今年も聴きに行ってきました。
だいぶん頑張ったのですが、開演17時30分ということで、最初のステージは「細川ガラシャ」のほんの最後の部分しか聴けませんでした。
終演が18時55分でしたから、来年はあと30分でも後ろにずらして欲しいもの、と思いますが、それは今日の本題ではないです。

曲ごとに指揮者が変わりますので、演奏にも指揮者の違いによる差がちょっとずつ出ます。
で、「いいなぁ」と思ったのは、高校生の頃からやっている等の、経験の長い指揮者。

「指揮者」と「経験」の長さは、どこまで関係するんでしょ...?

・「関係する」と感じることの方が多い。
 合奏の安定感や、立ち居振る舞いの落ち着き、目の配り、耳の配りなどに、経験の
 差が出る。

・とはいえ、経験がありながら、よくないところを持ち合わせたままの指揮者がおられるのも事実。
 音楽の捉え方、奏者とのコミュニケーションの仕方、時間の使い方、バトンテクニック。。。
 これは奏者も同じことかも知れません。

・指揮の「経験」だけでなく、人生の「経験」もひとつのファクターのように思える。
 「人」としての奏者とどう向き合うか、年季の入った学ぶことは多い。
 「音楽」とどう向き合うか、単なる思い付きや、マニアックな拘りに拠らず、多面的に音楽を捉えられる指揮者は、すばらしい。
 (ああ、でも東京のマニア大王さんは、私とっても好きな指揮者ですよ)

 また、振っていないときの指揮者も、またすばらしいと感じることがある。。。

ありきたりかも知れませんが、「経験」のベースに、「向上心」や「研究心」のスパイスをミックスすることで、すてきなコンダクターになっていく。

そういうことを考えた日曜日でした。

|

« ブログの90,000アクセス、ありがとうございます | トップページ | 昨日は、京教大と大阪市大のジョイント練習を見させていただきました。 »

コメント

昨日は車に乗り切れなく、申し訳ないです。
でも電車のほうが速かった事実にショックを隠せません・・・

僕の大学時代の指揮の先輩は、高校からの経験を自らの「クセ」として嘆いていました。
(僕は決して悪いと思いませんでしたが)

僕自身は大学からのスタートですが、中学高校でも指揮者をしてたというのは羨ましく思います。
どこかの大学で「今度のサブコンはどこそこ高校の元指揮者で~~」
とか話を聞くと、「ああ、鳴り物入りの後進がまた一人・・・」と感じます。
かっこいいですね。羨ましい。
(だからこそ「負けまい!」と意識もしますが)

でも経験は努力で埋められますよね。
・・・ってこれ以上は合宿のオツマミに残しておきます。
また直接お話しする機会があれば、と思います。


ただ昨日の演奏会は、入場や礼の仕方に関して、
明らかに経験者に軍配が上がったかなぁ、と思いました。
ステージ慣れってのも大事ですね。

若輩の考えですが・・・お邪魔しました~~!!

投稿: さんま | 2010年4月27日 (火) 20時22分

さんまさん、

「演奏」や「運営」が経験者であることがあまり関係ないと思いますし、
その反面「指揮」は関係がみられると感じます。
例えば、音楽の捉え方、選曲の幅や想い、皆の前に立つことの慣れ、時間の使い方、
楽器の知識など。。。

そうですね。
もちろん、先輩さんの言われる「クセ」の功罪は議論の余地があるでしょう。

さらに、「未経験者」からも優れた指揮者を何人も見てきています。
そもそも、かくいう私も、大学から指揮を始めたクチですしね。

私は「指揮者経験者肯定論」者というわけでもないです。
ただ、慣れていることによる良い面、というのはあるなぁ、と感じた次第です。

続きは、また近いうちに。。。

投稿: まるよし | 2010年4月28日 (水) 00時01分

指揮に限らず、中高からスタートしてる事で大学スタートよりアドバンテージがあるのかどうか。

ここには書けない思いがたくさんありますので、合宿の酒のツマミに(笑)

投稿: Daiki | 2010年4月28日 (水) 20時50分

Daikiさん、

まあ、賛否色々あるところでしょうね。

合宿の飲み会でこれだけ盛り上がりそうだとは、○ルマノっていったい。。。?

投稿: まるよし | 2010年4月29日 (木) 00時16分

もっともっと研究しますっっ!!

残り半年、音楽に限らず色んな経験をし、それを音楽に反映させていきたいです(≧▽≦)

投稿: いちこ | 2010年4月30日 (金) 01時01分

いちこさん、

大学生や高校生に指導するとき、「しなやかなオーケストラであって欲しい」と言うことがあります。
環境の違い、コンディションの違い、お客様の反応の違い、指揮者のその時ごとの指示の違いなど、諸々の変化に対応できること。
社会人と学生の違いのひとつのファクターかも知れません。

また「しなやかであって欲しい」というのは指揮者にも当てはまる枕詞だとも思います。
頑張って下さい。

投稿: まるよし | 2010年4月30日 (金) 01時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブログの90,000アクセス、ありがとうございます | トップページ | 昨日は、京教大と大阪市大のジョイント練習を見させていただきました。 »