« 背中を押されるのが好き | トップページ | 大きなくしゃみ »

2009年10月17日 (土)

何度も登場するヒゲオヤジ先生

曲をいくつも書いていくと、

「お、これは吉水節ですね!」

とか言われるようになります。


自分としてはなるべく型にはまらずに書けたらなぁ、とか感じるんですけど、フレーズの作りとか、和声進行とか、曲の構成とか、やっぱり共通するものができてくるようです。


でも、同じ要素ででも「新しい」作品は作れるはず。。。


かの手塚治虫先生の作品はほんと、膨大な数ありますけど、同じ登場人物が別の作品に平気で出てきますね
Hyoutantsugi 鉄腕アトムのヒゲオヤジ先生がブラックジャックに出てくるとか、
ヒョウタンツギ(名前知ってました?)が火の鳥に出てくるとか、
特にブラックジャックには、アトムとかサファイア王子とか、てんこ盛り出てきます。
(画像はYahoo!からお借りしました)

でも、それぞれの作品は、新しい。


パーツ、パーツは同じものがときに現れるかもしれないけれど、新しいものは作れる。


まだまだ書きたいものはあるし、書けてないものは多いです。
細かいことは気にせず、これからも少しずつ、書いていきたいと思います。



ま、次を書いたら、少し休みたいですけどね。

|

« 背中を押されるのが好き | トップページ | 大きなくしゃみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 背中を押されるのが好き | トップページ | 大きなくしゃみ »