« 女の子の歩き方は見られている | トップページ | 大事なことはどこにも載っていない »

2009年10月 6日 (火)

ジョイント第1ラウンド終了

クボタフィロとエルマノのジョイントの第1ラウンド、無事に10月4日に終了しました。
ご来場下さいました皆様、ありがとうございました。
関係者の皆様、ひとまずお疲れ様でした。

■またと見られないコラボレーションが成功
 久保田先生と木下先生、スタイルの違う二人の指揮者が率いる楽団が、それぞれに持ち味を発揮したと思います。
 大阪でのトリは「舞踊風組曲第3番」。
 第2番と比べて演奏回数はまだまだ少ないですが、なかなか耳に残る魅力的な作品です。


■いずみホールがほぼ満席
 たくさん来て下さって。。。
 公式数はまだ判りませんが、だいたい座席数の9分がたが埋まったのじゃないでしょうか。
 ホールの設備もすばらしく、「まったくの無音」と、「ホールを駆けめぐる残響」を楽しめました。

■CD買いました
 打ち上げでクボタフィロの「フランス音楽特集」を購入。
 ミーハーな私は、早速久保田先生にサインをしていただきました。
 うふ。

■次は東京。気になるのは、集客
 東京での演奏会、これが今回のジョイントの最後になるのですが、10月31日、第一生命ホールでお待ちしています
 大阪には多くの方に案内させていただいていたんですが、東京はまだまだだと思うんですね。 

|

« 女の子の歩き方は見られている | トップページ | 大事なことはどこにも載っていない »

コメント

ジョイント成功おめでとうございます!

もちろん聴きに行きました(≧ε≦)


二人のマエストロ、スタイルの違いを楽しむことができましたし、勉強にもなりました。
舞踊風組曲第3番、とてもカッコイイ曲ですね!難しそうですが、いつか演奏してみたいです。


東京公演も成功すると信じてます。 聴きにいけないのが残念ですが、応援してます♪d(⌒〇⌒)b♪

投稿: いちこ | 2009年10月 9日 (金) 08時33分

いちこさん、

来てくださってありがとうございます。

演奏会の「成功」って何なんだろう?と考えることがあります。
ま、判断はアナログなんでしょうけど。
でも、今回のはお客様満足度、出演者満足度の両方の面で「成功」と言ってよいでしょうねぇ。

ただ残念なのは、音源がCD化されない、ということかと。

投稿: まるよし | 2009年10月 9日 (金) 12時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女の子の歩き方は見られている | トップページ | 大事なことはどこにも載っていない »