« 姿勢のいいのは年齢のおかげ | トップページ | 減点法と加点法 »

2009年6月 5日 (金)

譜めくりがひとつの目安

オーケストレーションシリーズ、その3。


パート譜のめくるタイミングがなくって困る曲って、ときどき出会いませんか?
いくら写譜の工夫をしても。
もちろん、1行に2段以上ずつ(上と下とか、soloとtuttiとか)を書かざるを得ないのは別ですが。


編曲や作曲で、気が付くとそうなっている、というときは、ちょっと注意するようにしています、私。


■特定のパートがずっと弾き続けている?
   Guitarとか、Bassとかが、よくそういう憂き目に会います。
   また、歌の編曲とかそれに近い作曲だと、Dolaがそうなることがあります。
   そういうときは、スコアの縦の線は見えていても、横の線が見えていない近視眼的な楽譜になっている可能性があるのです。

■全部のパートに音を埋めなければ、と惰性で考えてしまっている?
   全部鳴らなくてもいいのです。
   むしろ、全部を鳴らさない楽譜を書く方が難しい。
   聴く人の立場になると、曲が一本調子になっている可能性があるのです。


スコアは演出。


凸もあれば凹もあっていい。むしろあるべき。

山もあれば谷もあっていい。むしろあるべき。

密もあれば疎もあっていい。むしろあるべき。

フランス料理もあればラーメンもあっていい。むしろあるべき。(なんのこっちゃ)


お手軽な方法としては、1人の奏者のカデンツァを曲の真ん中にかませるだけで、ちょっと改善されちゃうんですよ。

試してみて下さいね。

|

« 姿勢のいいのは年齢のおかげ | トップページ | 減点法と加点法 »

コメント

ギターだと必殺Eマイナーめくりとかありますね(笑)

プレ2でもやったかも…

投稿: hiyokan | 2009年6月 5日 (金) 00時49分

オーケストレーションシリーズですねhappy01

シンフォニー・オーケストラでは、
楽譜を共有しているパートは
どちらかがめくるわけですが、
もう一人が弾き続けながらめくる場合があります。
このとき弾く方は「ちょっと大きめに」弾くらしいです。
いろいろな曲がある中で作曲家は譜めくりまで考えいてません(たぶん)。

コントラバスのように一人一台譜面台がある場合はこのやり方はできませんが、
そういう個所があれば、
予め打ち合わせてずらしてめくるということになるのでしょうね。

投稿: ロコ | 2009年6月 5日 (金) 01時00分

hiyokanさん、久しぶりです。

まあ、今日は「譜めくりをどうするか」という話題ではないんですけどね。

ちなみに高校時代、私は先輩に「演奏しながら足の指で楽譜をめくる」という技を見せてもらったことがあります。

ふふ。

投稿: まるよし | 2009年6月 5日 (金) 06時58分

ロコさん、いつもどうも。

ええ、めくれないものをめくるには、色々な逃げ手を考えざるを得ませんねぇ。
1)一人ひとり交代でめくる
2)楽譜を切り貼りして、めくれるようにする
3)楽譜を切り貼りして、めくらなくて済むようにする ← 独奏だと、これが多い
4)Emを弾いているときにめくる ← ギターしかできない、まれにしかない幸せ
5)譜めくり担当者を別に置く ← 伴奏ピアノ以外では、まれ
6)覚えてしまう ← おっさんには困難
7)縮小コピーする ← これはやったことがない
8)隣のパートの人にめくってもらう ← んな、アホな
とか?

投稿: まるよし | 2009年6月 5日 (金) 07時05分

ああ、もういちど文章を読むと、「オーケストレーション」のトピックスでなくって、「譜めくりのことを考えて作曲・編曲をしていますか?」的に読めちゃいますねぇ。

文章力のなさに、ちょっとテンション↓。。。

投稿: まるよし | 2009年6月 5日 (金) 12時33分

昨年とある演奏会で、ベース2本のところ時間差譜めくりのはずが同時に譜めくりして音を無くす大失敗をやらかしてしまいました(苦笑)

オーケストレーションの際に思い切って音を省く勇気を持てば、何百小節と弾きっぱなしのパートが生じるのは回避できるはずです、と無理矢理まとめてみました…。

投稿: Daiki | 2009年6月 6日 (土) 01時11分

Daikiさん、

まとめて下さって、ありがとうございました。

失敗は、成功のもと。。。

投稿: まるよし | 2009年6月 6日 (土) 08時38分

まるよしさん、こんばんわ。いつも楽しい話題をありがとうございます。
以前、なにかの送別会でフランス料理を食べたことがあったのですが、
食後に「ラーメンたべてー」と言った人がおりました。私はめったにない
フランス料理の余韻をつぶしたくなかったのですが、耐えきれずそれに
のったことを思い出しました(笑)。(もちろん若い時の話です。)

投稿: あんパン | 2009年6月 7日 (日) 02時45分

あんパンさん、いつもどうも。

私もそれはわかりますよ。
結婚披露宴でごちそうをたっぷりいただいても、
それはそれ、
これはこれ。

以前書いた、「別腹」にも関係しますね~。

投稿: まるよし | 2009年6月 7日 (日) 11時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 姿勢のいいのは年齢のおかげ | トップページ | 減点法と加点法 »