« 同じ道を通らない | トップページ | 文の区切りは空白2つ »

2009年5月24日 (日)

5月31日はARTE

5月31日は、ARTE MANDOLINISTICAの「ありがとう!青少年会館!」に行こうかと思います。

久々に「プレリュード2」を演奏して下さるそうですし。


私は高校マンドリンフェスティバルには現役時代、出演できなかったんですが、やはり想い出深い場所であることに変わりはありません。

2階席の前列は、私にとっての永遠の特等席でした。。。

第7回フェスティバルで聴いた、同志社女子の「序奏とファンダンゴ」の切れ味は、たまりませんでした。

第9回フェスティバルで聴いた、同志社香里の「ルスランとリュドミラ序曲」の演奏への驚きは、忘れません。

|

« 同じ道を通らない | トップページ | 文の区切りは空白2つ »

コメント

私も行きますup
前日はSMDの定演なので2日連続で森ノ宮に通います(笑)


エルマノお疲れ様でしたsign03楽しかったですhappy02

投稿: いちこ | 2009年5月24日 (日) 21時34分

いちこさん、

SMDへは、私も行くかも知れません。

投稿: まるよし | 2009年5月25日 (月) 00時36分

第7回フェスティバルの「序奏とファンダンゴ」は私もライヴで聴きました。
同じ同女の第4回の「アンダンテとポロネーズ」も感動しました。

投稿: オールドファッション | 2009年5月31日 (日) 19時16分

オールドファッションさん、

そうそう、あの演奏も素晴らしいですね!
第4回のときは、私は斯界に生まれていなかったので見ていませんが、レコードで堪能させていただきました。

第3回の帝塚山学院の「ヨランダ姫」も、大好きだったりします。

投稿: まるよし | 2009年5月31日 (日) 19時21分

同感です。イタリアがいっぱい詰まっていましたね。あの頃のフェスは昨今のような難曲はなかったけど、心に(記憶に)残る演奏が多かった気がします。若かったからですよね。

そういえば第4回の畷高さんは「黎明」でしたね。とても印象に残っています。

投稿: オールドファッション | 2009年5月31日 (日) 20時53分

オールドファッションさん、

まあ、あの頃と比べると、今の方が技術も解釈も勝っているようです。
むしろ、そうあるべき。
ただ、聴衆のマナーが良くなっているか悪くなっているかは、わかりません。

ところで、「黎明序楽」は四條畷ではありません。雲雀丘学園とかではなかったでしょうか?

ちなみに私の記憶をひも解くと、四條畷高校のフェスティバルでの演奏は、下記の通りです。
結構、マニアックな路線でしたね。

第4回 劇的序楽(カペレッティ)
第5回 (お休み)
第6回 北夷(鈴木静一)
第7回 (お休み)
第8回 (お休み)
第9回 ボカリーズ「暁の歌」(熊谷賢一)
第10回 交響的間奏曲(マネンテ)
第11回 ボカリーズ「黄昏の歌」(熊谷賢一)
第12回 詩的二章より第一楽章(藤掛廣幸)
第13回 ギリシャ風狂詩曲(ラウダス)

投稿: まるよし | 2009年5月31日 (日) 21時35分

失礼しました。「黎明」じゃなくて「劇的」でした。雲雀さんも熊谷さんの「群炎」などを演奏されていたので畷高さんと混同してしまいました。

マニアックな路線は大好きです。

投稿: オールドファッション | 2009年6月 1日 (月) 20時57分

オールドファッションさん、

第5回から9回ぐらいまでは想い出深い曲目が目白押しです。

雲雀丘学園の挑戦的な、せしょ、群炎I、群炎II、パストラルファンタジー

同志社香里のしぶい降霊術、黄昏、凄かった序曲二短調、仮面、ルスラン、石村先生の指揮されたシンフォニア

慶應義塾と慶応女子が交互のように演奏したカイロの鵞鳥、オアシスにて

同志社女子高の切れ味のよいオベルト

大編成を率いた金治先生指揮の帝塚山学園が弾いた田園写景、序曲ニ短調、エカーヴの嘆き

人知れず好きだった屋代高校の彷徨える霊。。。

投稿: まるよし | 2009年6月 1日 (月) 23時55分

雲雀の「せしょ」「群炎 I」、も大好きでした。少人数での「序曲ニ短調」も刺激的でした。それにしても38回連続出場には敬服致します。

もう少し古いところでは、香里の「マンドリンの群れ」「メリア」、静岡精華の「幻の暗礁」、帝塚山学園の「イタリアのめざめ」

第1回は「祭りの序曲」で大谷がトリでした。篠ノ井の「レナータ」このあたりはライヴでした。

投稿: オールドファッション | 2009年6月 2日 (火) 21時32分

オールドファッションさん、

雲雀丘の「序曲ニ短調」では、粂井謙三先生がコンマスをされていたと聞いた記憶がありますが、真偽のほどはわかりません。

クレブス、アネリ、ポピー、セント・ジョンなど、最近はめったにやらなくなりましたね。
それだけ選択肢が増えたと、良い方向で受けとめておきます。

投稿: まるよし | 2009年6月 2日 (火) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 同じ道を通らない | トップページ | 文の区切りは空白2つ »