« 自分のが最後、残念ながら | トップページ | あと0.5秒待てばいいのに »

2009年4月11日 (土)

息子の作曲作品

息子のフルネームで検索してみたところ、彼自身が作曲した作品がヒットしました。
びっくり。
(いつまでリンクが活きているかわかりませんが)

http://www.camp-k.com/kodomo/museum/128/128_zzz999_20031127125450.php



これはちょっと邪道かも知れません。
コンピュータの画面に絵を描いていくと、それが自動的に音楽に変換されるシステムを使っての作品なんです。

もう5年以上も前の話。


当時は「アホやな~」と思ってたのですが、今聞くとなんとなく音楽っぽく感じるのが面白いです。
あるいは、一種の親バカなのか。。。

|

« 自分のが最後、残念ながら | トップページ | あと0.5秒待てばいいのに »

コメント

いやぁ、音楽ですよ。
メロディーらしき旋律が哀愁を誘います。

タイトルも詩的で(^^)。

将来は親子作曲家ですね!

投稿: ねぎトトロ | 2009年4月11日 (土) 05時45分

難しくて弾けそうもありません(笑)。

「相棒」で、最後に右京さんが事件の謎を
解く時に流したらいいと思う音楽ですよね。

投稿: ジジ | 2009年4月11日 (土) 11時47分

ねぎトトロさん、

どうも。
でも、本人は作ったことさえ忘れちゃってると思いますね。

ところで、同ツールはマサチューセッツ工科大学ラボの開発による、一種の教育ソフトで、今は$90ぐらいで販売しているようです。
http://www.hyperscore.com/

投稿: まるよし | 2009年4月11日 (土) 13時33分

ジジさん、

ありがとうございます。
まあ、子供がお絵かき気分で音をばら撒いたものなので、後のことはなんにも考えてましぇ~ん。

投稿: まるよし | 2009年4月11日 (土) 13時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分のが最後、残念ながら | トップページ | あと0.5秒待てばいいのに »