« ARTE演奏会 | トップページ | 9足の靴下 »

2009年4月 1日 (水)

3つの耳

師匠は「わしは2種類の耳を持っている」とおっしゃることがありますが、先日演奏を聴いて、3つあるかな~と感じました。

「聴衆としての耳」
いいものを「いいなぁ」と思えるときのわたし。

「指導者とか先輩としての耳」
良いものを見つけようとし、伸ばそうとし、良くないものを大きなものから順に見つけ出し、良くしようとするときのわたし。

「審査員とかマニアとしての耳」
「指導者としての耳」とだいたい似てるけど、指導する義務はないわたし。


高校生の演奏を指導していて、先日本番を聴いたときは全く聴衆になれた自分を感じてびっくりしました故。。。

|

« ARTE演奏会 | トップページ | 9足の靴下 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ARTE演奏会 | トップページ | 9足の靴下 »