« それは別腹なんです | トップページ | それは民営化のせいなんです »

2009年4月22日 (水)

京マン聞きましたよ

4月18日は京都学生マンドリン連盟の演奏会を聴きに行ってきました。

教えている学生一人一人を舞台上で探すのが、大事な仕事。
当日突然出られなくなったり、出演しているのに名前がパンフになかったりでハラハラしましたけど。
オペラグラス要るかもな~、昔みたいに。。。


下馬評で聞いていた印象が良くなかったせいか、本番を聴いて「そんなことはないやん」とは感じました。
むろん、細かいミスや乱れはありましたが、去年とトントンか、少し良くなっていたかも知れません。


ところで懐かしかったのは、龍谷大学の「パストラル・ファンタジー」。
もうこの曲は、学生のころから嫌というほど弾いてきましたけど、藤掛先生の最近作に比べて演奏される機会がぐっと減ってしまいましたね。

今回の演奏は、割とオーソドックス。
必要以上に「何かをしよう」という思惑がなくって、でも指揮者がパワフルに合奏をリードしていて、久しぶりに曲を堪能させてもらいましたよ。
好感が持てます。
あと、アンサンブルがずれるところも昔と同じくオーソドックスだったのはご愛嬌。

でも、一緒に聴きに行った梅花の学生も、すごく感動してました。
ありがとう。

|

« それは別腹なんです | トップページ | それは民営化のせいなんです »

コメント

パストラル!!
学生の時に弾いた懐かしい曲(はず)。
ユーチューブで久しぶりにきいてしまいました。
藤掛さん鈴木さんと3部は女子高の割には
結構低音系重視な選曲だったような…。

投稿: せーちゃん | 2009年4月22日 (水) 18時44分

せーちゃんさん、

久しぶりですね!
あの学校は結構パワフルな曲も見事に弾きこなしていましたね。
ちょっと懐かしいです。

投稿: まるよし | 2009年4月22日 (水) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« それは別腹なんです | トップページ | それは民営化のせいなんです »