« なぜ合奏で最後に通すのか | トップページ | ふとんを蹴って悲しい »

2009年1月15日 (木)

次は古畑任三郎

4月5日、大阪学生マンドリン連盟の演奏会向けの編曲を仕上げました。

今年の曲は「古畑任三郎」のメドレー。
聴いたことのあるメロディばかりで、楽しめること必至です。

ティンパニとドラムセットがまた、えらくかっこいい。

是非聴きに来て下さいね。


なお、これとだいたい同じ時期に、編曲譜の頒布も予定していますので、楽しみにして下さいませ。

|

« なぜ合奏で最後に通すのか | トップページ | ふとんを蹴って悲しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147791/43735336

この記事へのトラックバック一覧です: 次は古畑任三郎:

« なぜ合奏で最後に通すのか | トップページ | ふとんを蹴って悲しい »